こだわりの無垢材

こだわりの無垢材

亀匠には樹齢300年以上で、直径1メートル以上ある原木を製材し、長期間天然乾燥した木材が数十種類あります。
一本の原木で柱を数十本取ったり、一部屋の化粧材を一本の木で揃えたり、数種の木を組合せて使ったりと、自分なりの特別な住まいづくりをすることが可能です。

こだわりの無垢材について

次世代に受け継いでもらえる家づくり

最近、「長期優良住宅」「100年住宅」等よく聞きますが、裏を返せば、近年の住宅は100年もたない住宅が一般的になってしまった、という事ではないでしょうか。
亀匠では、創業以来、木にこだわり、構造にこだわり、加工技術にこだわってまいりました。
その結果、亀匠標準仕様の住宅(リフォームを行い易い在来工法・木造軸組工法)で、100年以上構造がもつ住宅の建設が可能となっております。
つまり、亀匠の作った家であれば、次世代が自身の住み慣れた環境で、より安い改修費で、自身の理想の家に住むことが可能だという事を意味しています。

伝統技術の継承

伝統技術の継承

住宅の建て方は、昔と現在では大きく変わっています。
新しい住宅建材の開発、設備の普及、機械の進歩、道具の進化などによって、現在では昔に比べて、簡単に、早く、安く住宅を建てることが可能になりました。
その為、新築住宅では伝統技術の必要性が無くなりつつあります。
その結果、30年後リフォーム・メンテナンスしたいと考えていても、それが可能な職人はかなり減っているでしょう。
リフォーム・メンテナンスには、技術と経験が必要です。
潰して新しい物を組立てるのは簡単ですが、今ある建物の構造、下地、仕上げを理解し、それに合わせた施工をするのは難しいのです。
亀匠では、出来上がりの商品を組立てる職人ではなく、商品を造ることの出来る職人を育てることで、お客様に将来の安心と信頼を得られると考えています。

木造耐震技術の構造

木造耐震技術の構造

木造は地震に弱い。
これは木造住宅を造る上で、永遠の課題かもしれません。
ですが、鉄筋コンクリート造の方が地震に強い=価値が高い これは違うと思います。
亀匠では京都市指定の京町屋の耐震診断業者に選ばれており、そのノウハウを活かすと共に、独自の耐震補強策を考え、施工しています。
残念ながら、建物が出来上がると対策箇所が隠れてしまい、お客様には伝わりにくい部分ではありますが、今後、さらに向上を目指して行きたいと思います。

良いものは残す(リフォーム・改修工事時)

木造は地震に弱い。
これは木造住宅を造る上で、永遠の課題かもしれません。
ですが、鉄筋コンクリート造の方が地震に強い=価値が高い これは違うと思います。
亀匠では京都市指定の京町屋の耐震診断業者に選ばれており、そのノウハウを活かすと共に、独自の耐震補強策を考え、施工しています。
残念ながら、建物が出来上がると対策箇所が隠れてしまい、お客様には伝わりにくい部分ではありますが、今後、さらに向上を目指して行きたいと思います。

構造材へのこだわり

亀匠の家は、構造材に無垢材しか使用しません。
一言で無垢材といっても、材種・産地・大きさ・節・木目によって、材の特性・強度・耐久性・値段は大きく変わってきます。
亀匠では土台・柱には国産桧・台桧、梁には米松・国産杉・松を使用しています。
これは、木の特性を生かし、木造建築の材料として、最適な材を最適な箇所に使用したいと考えた結果です。
さらに、使用する材料は、亀匠の社員が1本1本直接市場に買付に行きます。
これは、木も生き物であり、一つとして同じものがないため、直接、見て確認しないと分からないからです。
人間と同じで、体型・表情も色々で、病気になる木もあります。
亀匠では、その木を見て、身が詰まっていて、まっすぐに育ち、木目のおとなしい木だけを選び購入しております。
同じようで、同じではない木にこだわることで、より価値が高く、より強度・耐久性のある家になると、考えています。

PAGE TOP